スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 定期を分割して買ってみると…

【定期券を分割して買うと、なぜ安くなるのか】
プレジデント7月 3日(金)

東京の電車特定区間
■関東周遊でもわずか130円也

 ご存じだろうか。
 通勤定期券を東京─横浜間で購入した場合、6カ月で6万5020円。これを東京─蒲田、蒲田─横浜と分割購入すると、3万240円+3万240円=6万480円。6カ月で4540円が浮き、年間(6カ月定期×2回)で実に9080円! しかも合法だという。通常運賃でも、東京─横浜間のJR運賃は450円。分割すると210円+210円=420円になり、「30円」がやはり浮く。

 JR東日本には、JRの通常の料金体系とは違って、私鉄との競合を意識するなど、自由な料金設定をする「電車特定区間」が存在する。山手線を中心に北は東北本線の大宮駅、東は常磐線の取手駅。南は横須賀線の久里浜駅までだ(図)。
 実際、JR東日本、東海、西日本の3社の幹線で共通の普通運賃と比べると、1~3キロで140円と130円で10円、91キロ~100キロでの差は90円。

 しかし、これだけでは「裏技」の理屈は見えてこない。慶應義塾大学鉄道研究会の田端辰哉さんに話を聞いた。
「東京─横浜間の営業キロは28.8キロなので、26~30キロの特定区間運賃が適用されて450円。一方、東京─蒲田間および蒲田─横浜間の営業キロは両者とも14.4キロ。それぞれ11~15キロの特定区間運賃が適用されて、210円です」
 なるほど。この「裏技」については「乗車券分割プログラム」(http://bunkatsu.info/)なるサイトも存在。読者諸兄もお試しを。

 また、鉄道ファンには「130円でできる関東周遊グルメ旅行」として知られる「裏技」がある。こちらももちろん合法。JR時刻表の「大都市近郊区間」の欄には、「普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます」との文言がある。JR東日本での範囲は、北は常磐線のいわき駅などから南は外房線の安房鴨川駅などまで関東全域に広がる。
 この制度を利用して鉄道ファンに有名なのが「我孫子詣」。前出の田端さんに話を聞こう。
「我孫子駅構内に店舗を構える『弥生軒』という駅そばの人気メニュー『唐揚げそば』を求め、多くのファンが連日押し寄せています。こぶし大はあろうかという鶏唐揚げが二つのって440円です」
 食べ応えは当地で体験いただくとして、肝心なのは経路だ。JR常磐線我孫子駅にはまず東京駅から山手線で上野駅へ。そこから常磐線快速で約30分。そこで「唐揚げそば」を食べて再び常磐線を北上。友部駅(茨城県)で水戸線に乗り換えて小山駅(栃木県)へ。そこからは同じ路線を辿らずに有楽町駅まで戻るという寸法。旨いものを食べ、金をかけない大旅行だ。

 ここで紹介した「裏技」の背景にあるのは「電車特定区間」および「大都市近郊区間」という料金設定だ。我々が得するちょっとした「裏技」から、JR東日本にとってはちょっとシビアな事情が見え隠れするのが面白い。
「電車特定区間」について田端さんは、「競合私鉄路線との兼ね合いで、割安な料金設定を迫られた」と説明するが、「大都市近郊区間」については「特に都心部では路線が複雑で、乗車駅から降車駅までの料金計算もまた同様。同区間の利用でも使用路線の違いで料金に差が出るケースがまま出る。利用者の不公平感解消を図ったのが眼目でしょう」。

ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
18:27 | 裏技
comment(0)     trackback(0)

 新幹線に1050円安く乗るコツ

プレジデントロイター

東海道新幹線での出張をより安く済ませられる方法が登場した。今年3月からサービスを開始した「EX-IC」を賢く使えば、運賃割引のメリットを享受できるうえに、チケットレスで新幹線に乗車できる。

これまで新幹線の割引きっぷでは「エクスプレス予約」(EX予約)が定番だった。JR東海とJR西日本の会員制ネット予約サービスで、携帯電話やパソコンから新幹線のきっぷを会員割引価格で購入できる。東京―博多間の新幹線指定席に自由席より安い金額で乗ることができるお得な手段として知られていた。

 このEX予約に新サービスとして加わったのがEX-ICだ。EX予約では券売機で紙のきっぷを受け取る必要があったが、EX-ICは専用ICカード(または登録済みの携帯電話)を改札機にタッチするだけでいい。このIC化にともない、新割引運賃が登場したわけだ。例えば、東京―新大阪間は1万4050円(のぞみ指定席大人片道)だが、EX予約ならば850円安い1万3200円、そしてEX-ICは1050円安い1万3000円となる。

IC化で入会も簡単になった。これまでEX予約の会員登録にはJR東海またはJR西日本の専用クレジットカードへの入会が必須だったが、EX-ICの導入を機にJR東日本の「ビューカード」(他社発行カードを除く)でも年会費1050円で会員登録ができるようになった。ビューカード会員ならば新たにカードを増やす必要はなく、手軽になった。

しかし、EX-ICの利用には注意が必要な点もある。EX予約は希望の出発地から到着地までの乗車券をセットで購入できたが、EX-ICは新幹線専用なので出発地や到着地で乗り継ぐ場合は別に費用が発生する。たとえば品川駅で新幹線を降りた場合、EX予約ならば手持ちの乗車券で新宿駅まで行けたが、EX-ICでは190円のきっぷが必要だ。なお「得か、損か」の見極めは「EX-IC運賃ナビ」という公式ウェブサイトで確認できる。

さらに、EX-ICは早期割引「エクスプレス早特」に対応していない。早特は乗車3日前までの予約と6時台の利用が条件。たとえば東京―新大阪間は通常より2050円安い1万2000円となる。制約が厳しいようにも思えるが、きっぷの受け取り前であれば手数料なしで何度でも予約変更可能というEX予約のメリットは変わらない。出張予定が大まかに決まっていて、6時台の「のぞみ」か「ひかり」を利用する予定ならば、早特を利用しない手はない。

また、EX-ICは会員本人のみの利用に限定されるため、同行者のきっぷは手配できない。「きっぷの受け取り」という手間を省けるうえ、割安になるという便利なサービスだが、状況に応じて使い分ける必要があるだろう。


ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村

18:33 | 裏技
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。