スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 なぜだかこの頃、生姜らしい。

【生ショウガ使用のジンジャーエールを開発】
8月22日読売新聞

 「ショウガが香るジンジャーエールでカクテルを作りたい」――。プロのバーテンダーの願いを受け、日本では珍しい生のショウガを使ったジンジャーエールを佐賀県小城市の「友桝(ともます)飲料」が開発した。

 バーテンダーの勉強会などで紹介されて反響を呼び、6月には農林水産省主催の選考会で「世界が認める輸出有望加工食品40選」に九州で唯一選ばれた。友田諭社長(34)は「小さな会社だからこそ、こだわって商品にできた」と話す。

 福岡市の老舗バー「サンボア」を経営していた著名なバーテンダー管(すが)博史さん(51)は昨年1月、知人を通じて友田社長に「生のショウガを使ったジンジャーエールでモスコミュールを作りたい」と持ちかけた。モスコミュールは、銅のマグカップに入れたウオツカとライムを、生のショウガを発酵させて醸造した飲み物「ジンジャービア」で割ったカクテルだ。しかし日本では、ショウガを使わずに香料で味付けしたジンジャーエールを使うのが一般的。

 友田社長らはジンジャービアに近いジンジャーエールを作ろうと目指した。生のショウガと数種類の香辛料、砂糖などを煮出した原液を作り、管さんの弟子で、バーテンダーの全国大会で優勝したこともある岩永大志さん(40)(福岡市)が何度も工場に通い、微妙な酸味や甘さを監修。約半年かけて昨年5月末、プロが納得する味にたどり着いた。

 商品名は「n.e.o(ネオ)プレミアムジンジャー・エール」(95ミリ・リットル、157円)。ショウガの成分が沈殿し、特有の強い香りと辛みがあるが、それでいて全体的には甘く、酸味が少ない。モスコミュールを作る際に、「最後に搾るライムの量にバーテンダーの独自性を出すためです」と同社。

 「大手メーカーは作らないが、必ず需要がある」との友田社長の直感は当たり、東京や大阪からの注文も相次いだ。製造本数は今や、発売当初の6倍の月3万本を突破した。ライムの果汁を加えてそのまま飲むのも人気という。

 管さんの店を引き継いだ岩永さんは「ネオで作ったモスコミュールを飲んで、これまでにない味に驚くお客さんとカウンターの会話を弾ませたい」と願っている。(遠藤信葉)
スポンサーサイト
13:07 | くいもの
comment(0)     trackback(0)

 さっきも飲んだ、アルコール分ゼロのビール

酒の全く飲めないおいらは、あの麦臭だけで酔っ払っちまった!

【ビール風味飲料 アサヒも参入 新たな需要開拓 各社本腰】
7月24日ビジネスアイ

 アルコール分が一切ない「ビール風味飲料」が花盛りだ。キリンビールが4月に発売した「フリー」が、飲みたくても飲めないドライバーや、妊婦などの需要を取り込み一大市場を形成。これを受け、アサヒビールが9月に商品投入を決めたほか、サッポロビールも今秋に投入する方向で調整し、サントリーも参入の機会をうかがう。ビール各社の商品が出そろうことで市場が活性化するのは確実。ビール類のシェア争いでしのぎを削る各社の顧客争奪戦が、ビール風味飲料にも飛び火しそうだ。

  ビール風味飲料のアルコール度数は0.00%で、麦汁に炭酸を加えるなどの製法でビールに似た味を実現しているのが特徴だ。ノンアルコール飲料は、従来も各社から発売されてきたが、アルコール分が0.1~0.5%含まれるため、飲酒できない運転手らの警戒感がぬぐえず、各社の販売も縮小していた。

 そこでキリンが4月に発売したのが「フリー」。アルコールゼロの先駆けで「これなら安心して飲める」と運転手や妊婦などに好評で、増産に踏み切るほどの人気を博している。キリンの好調ぶりを受け、アサヒも9月から同様設計の「ポイントゼロ」を発売。実勢価格は148円前後で、初年度に40万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を目指す。またサッポロとサントリーも投入の検討に入っており新市場を巡る競争が激化しそうだ。

 ■定番化へリピーター拡大カギ

 「こんなに需要があると思わなかった」-。キリンの松沢幸一社長は「フリー」の好調ぶりにこう相好を崩す。フリーは発売当初、年間63万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を計画していたが、5月下旬までに計画分を完売。あまりの人気ぶりに一時、店頭で品薄が続いたほどだ。これに伴い、キリンは国内2工場の生産能力を増強し、販売計画も当初比2.5倍の160万ケースに上方修正。こうしたキリンの好調ぶりを受けて、他社も追随を決めたというわけだ。

 ビール風味飲料の価格は148円前後と、通常の清涼飲料より高く、採算上も魅力的としている。ただ、サントリー酒類の相場康則社長は「今後の市場の見極めが大事」と指摘する。

 というのも、過去のブームの経験則があるためだ。アルコール1%未満のビール風味飲料市場は、2002年の道路交通法改正を機に各社が新商品を投入し、一気に拡大。しかし、味の問題に加え、若干のアルコールが含まれていることが敬遠され、次第に市場は縮小傾向にあった。

 もっとも、キリンのフリーはアルコール分ゼロの特徴を強く訴求することで、飲めない人が宴会の乾杯に使うなどの幅広い飲用需要を取り込みつつあるという。各社の新商品投入で市場活性化は確実だが、ブームを定着させるには業務・家庭用を問わず、新規需要を取り込みながら、リピーターを増やせるかにかかっている。(今井裕治)


ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村
19:06 | くいもの
comment(0)     trackback(0)

 夕飯どきにアクセス急増、献立サイト「クックパッド」

こんな便利なサイト知らなかったのは、不覚だなあ。
それにしても、目の付けどころがウマイびじねすだ。


あまりモノの素材で楽しいおかず作り「クックパッド」↓
http://cookpad.com/



ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村
09:22 | くいもの
comment(0)     trackback(0)

 ステーキけんに行ってみた。

ここのとこマスコミでよく見かける、
閉店したマスコミを居抜きのまま、看板と簡単な修正を施して
そのままオープンさせる「ステーキけん」。
初期投資が少ないので、良い肉を安く提供できるという話題の店舗だ。
ステーキ&ハンバーグがメイン商品で
サラダーバーが付いてくる。
ドリンクバーは105円。
そして何故だか、カレーライスも食べ放題。
おいらは1050円のカットステーキとかみさんは1260円のハンバーグ。
味の方はまあこんなもんだろう。
二度めは行かないな。
子供の多い家庭にはいいだろうけどね。
お腹いっぱいだけの目的なら、さくら水産やガストのミニ店で
800円も出せばたらふくだろうからね。


ステーキけんのメニュー↓
http://www.mgfood.co.jp/guide/ken.php


ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村
20:40 | くいもの
comment(0)     trackback(0)

 5kg5000円という、お米を食べているが…

外食に贅を費やすことができるほど、生活にゆとりのない我が家では、
せめてお米ぐらいは美味しいものを食べようと常々思っている。

そこで今回は結婚式の引き出物としてもらった、
ギフト券で島根の5kg5000円というお米をチョイスしてみた。
正確には、送料込みだから単価はもっと下がるだろう。
有機農法で作り出荷前日に精米したから、3週間以内には完食すべし。
とのたまう、敷居の高いお米を食らうにあたり、
その2週間は近所のスーパーで5kg1200円のお米で
口を糊して万全に備えて挑んだのだが、
その結果は極めて「普通」
なんだか、がっかり。

RIMG0003.jpg


舌外道ゆえ、結構ストライクゾーンは広いのだが、
農家の人たちが旨いと絶賛するものが、いまひとつポカーンのおいら。
確かに自然の香りや力強さは毎回伝わってくるけど、
産直品で繊細で旨いというものには中々出会わない。
なおおいらのお奨めは、千葉県館山市界隈の店舗で売られている
「長狭米」5kg2800円也。
これは艶といい、旨み甘味も抜群に上品である。

ということで、下記のような記事を見つけたが、
これはいかがなものか?



【異端が作った日本一高価なコシヒカリ】
2007年11月15日 日経ビジネスオンライン

 東京・渋谷の東急百貨店本店、地下食品売り場の米売り場、「米よし」の店頭にその米は売られている。2坪の店舗に並ぶ10産地の銘柄米のなかで最も値段が高く、5キロ1万4700円。2006(平成18)年度産の小売米としてはおそらく日本一高い米。米櫃に立て掛けられた細長い白木の板には、「十日町市松之山 戸邊秀治作」と墨書され、2行目には「無農薬、無肥料、天日干し」と謳ってある。

脱サラ後、米づくり
 その米を作った戸邊秀治さんは1952(昭和27)年1月生まれの55歳。東京理科大学を卒業後、関東自動車工業に勤務、30歳で脱サラ、自給自足的生活を実践してきた。福島県耶麻郡旧山都町をはじめ、茨城などで田舎暮らしを続け、2002(平成14)年、新潟県十日町市松之山に田畑付きの家を350万円で手に入れた。自然農法でコシヒカリを作り、自給自足にちかい生活をしている。家族は7人。プロ棋士になった21歳の長男と次男は自立して東京に暮らし、現在は、三男、四男、末っ子の長女と5人。ごくふつうのサラリーマン家庭に育った奥さんの聖子さんは43歳になる。

 戸邊さんとは偶然の出会いだった。
 この連載については中山間地の米どころから始めるつもりでいた。都市から遠く離れた地理的に不利な土地は殺伐としたニュースばかり。きびしい世情を背負いながらも、ときおり、移住者の発案が地域の光明になっているという噂が聞こえることがあった。過疎の町に新風を起こそうとしている人の、熱い気持ちに触れてみたいと思った。かれらの情熱が、あるいは地域再生の端緒となるかもしれない、眼には見えない希望の輪郭を写真に撮り、文章を綴ろうと考えた。

「日本の原風景」といわれる限界集落へ
 具体的な土地を選定する段になってから、日本有数の豪雪地である「越後松之山郷」という地名が脳裏に浮上してきた。「日本の原風景」が展がる農村として、風景カメラマンがいちどはファインダーをのぞく場所である。ただ、紹介される写真のほとんどは風光明媚という視点に偏っていて、そこに土着する人たちの肉声が聞こえてこない。1955(昭和30)年ころは1万2000人を数えた人口も今は2800人(9月現在)。急激に過疎化した土地である。35の集落のうち、2分の1が限界集落(人口の半数が65歳以上で社会的共同生活が困難な集落)といわれている。風景の礼賛だけで松之山の風土を語ることなどできるはずがない。

 関越自動車道の塩沢石打インターチェンジを降りる。国道117号線を東進し、信濃川を渡り、こんどは353号線を登っていく。およそ1キロに及ぶ豊原トンネルを抜けると空気が一変する。車窓から吹き込む風には土と草木のにおいが濃い。連座する山々が視界に被さってくる。それらが五感に働きかけてくる感覚は、自分が暮らしている東京郊外とはまったく異質の土地へ入り込んだことを教えた。


江戸時代の米づくりを学生に伝授
 松之山へ入り、初めての信号で停止した。街の中心地でありながら人の姿がない。民営化されたばかりの郵便局の新しい装いだけが目立っている。道路標識に書かれた「松之山温泉」に引かれながらも左折を断念して直進した。間もなく車道が狭くなる。左右に棚田が見えてきた。点在する農家らしい家は、おしなべて屋根が急勾配になっている。なるほど、これまで多くの写真で表されたとおり、美しい景観だ。ほとんどの田んぼが稲刈りを終えていて、ほうぼうに稲架(はさ・刈り取った稲の天日干し)が見える。数千の稲の束が秋の陽に照り映えていて、これも見惚れてしまうほどの絶景だ。そして豊かさを感じさせた。

 稲刈りの集団に遭遇。20歳ほどの男たちが黄金色の田の中で黙々と作業をしている。初めて車を降りた。若者たちは新潟市の専門学校(国際調理製菓専門学校)の生徒で、稲作の体験実習の最中だった。そこに戸邊さんがいた。

 「江戸時代の米づくりです。すべて人力なんです」
 生徒を引率している教師が苦笑いを浮かべて耳打ちした。

 「そうじゃない、稲の束はこういうふうに持って、こう結ぶんだ!」
 小柄な壮年男性が大勢の若者に声を張り上げている。小柄ながら筋肉質でがっしりした体躯が作業着の上から見て取れる。怜悧そうな薄い唇、眼鏡の奥の眼光が鋭い。撮影の許しを請うと、小さな声で「どうぞ」とだけ応じた。


ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村
10:25 | くいもの
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。