スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 がんばれ鼠先輩!

20090403-00000017-oric-ent-view-000.jpg
【演歌・鼠先輩がパンクロッカーとしてバンドデビュー】
オリコン

異色の演歌歌手・鼠先輩が8日(水)にパンクバンド・THE SUPER RATS(スーパーラッツ)としてバンドデビューする。ORICON STYLEの取材に応じた鼠先輩は、黒のレザーライダースにスタッズベルトとパンクの王道ファッションで登場し、「メンバーの平均年齢も40歳を超えているんで、そんなおっさんたちが頑張っているところも感じて欲しかった」と、熱い意気込みを語った。

 メンバーにはドラムに元・THE BLUE HEARTSの梶原徹也、ギターに元・LAUGHIN’S NOSEのNAOKI、ベースに鈴木正美が迎えられ、日本のパンクを支えてきたキャリアのあるプレーヤーが参加している。鼠先輩と、もともと知り合いだった鈴木との間で「パンクを演ろう」と意気投合したことがバンド結成のきっかけ。ドラムの梶原に対しては、学生時代から憧れの存在だったとも明かした。

 また、「メンバーの平均年齢も40歳を超えているんで、そんなおっさんたちが頑張っているところも感じて欲しかった」と真摯な一面も。「人生経験や年季や重みのあるメンバーたちなんで、かなり本物でズシッとくると思うよ」と、“演歌・鼠先輩”とは一線を画す本気モードで、曲の出来栄えには自信たっぷりだ。ただ、最後には「老若男女、いや、おばちゃん以外は(笑)、是非聴いて欲しいな」と、いつもの“鼠トーク”で締めくくった。

 デビュー曲「PPP -Punch Perma Punk-」は本日より着うた(R)配信、今月22日にはPC音楽配信サイトで発売が決定している。ボーカルを務める鼠先輩は作詞も担当。自身のトレードマークであるパンチパーマをタイトル、歌詞にも盛り込むなど“ぽっぽ ぽっぽ”と振りまいてきた程よい“おふざけ感”も健在だが、楽曲自体は直球なパンクロックに仕上がっている。
スポンサーサイト
21:25 | 音楽
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。