スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 挨拶を促せば、ストレスになるとほざく新な兵。

情報伝達の速度や網羅による連帯意識が
必要以上に個人の自己主張を増幅させている。

これまで個人ひとりひとりが内々で我慢してきたことを
インターネットやメディアという仮想の舞台を使って
同士が手を取り合ってしまった。

くわえてタチの悪いことにこれら手法は、
ええっって思うほど小さな耳クソ不満もこと細かく網羅しており、
ウィルスのごとく無限大に増殖している。

これらの連帯意識をタテに取り、
個人ははたから見れば奇怪な主張を平気でするようになった。

そして現実の社会において、
個人ひとりで奇怪な主張を指摘されると泣き出す
さらにエスカレートすると他人に危害を加えるなどの
これまた奇怪な行動に出るのだ。

ここで周囲の有識者は
情報操作などをしない限りもう施す術のないイタチゴッコだということを
分かっているのだが、世間の手前簡単に白旗をふることもままならない。
あとこの状況を知っていてうまく金儲けに使う人々も多いのが事実だ。



【最近の「新入社員」の行動が理解できません!】
2009/5/19 J-CAST 会社ウォッチ

最近の新入社員は豊かな社会で生まれ育ったせいか、先輩社員から見れば「甘すぎる」と感じられる人が多いようだ。これは世代間ギャップなのか、最近の若者が異常なのか。ある会社の人事担当者からは「目に余る例も増えている」という声を聞いた。

遅刻をとがめたら泣き出した
――大手食品会社の人事担当です。これまで若い社員に対して偏見を持たないようにしてきたのですが、ここ最近、目に余る例が出ています。もちろん、夢と希望に燃えて一生懸命働いてくれている新入社員も多いのですが・・・。

当社では毎年4月、地方出身者については入社式の1週間ほど前から独身寮に入ってもらい、入社の準備をさせています。ところが今年は、この中から2人の入社拒否者が出ました。1人は「うつになった」と言って入社式直前に辞めました。もう1人は入社式に顔を見せないので連絡を取ったところ、「やっぱり入社しません」という返事が。すでに、独身寮から無断で引越しを済ませた後でした。

こんなことがあったので、情報システム部から「来年は入社式で入社を確認するまでは、新入社員のデータをシステムに登録しないでくれ」と釘をさされました。人事情報や給与情報を修正するのが大変だからという理由なのですが、これほど多くのドタキャン率があるということで、まったく予断を許しません。

配属先の管理職たちからも、こんなグチが人事に届いています。

(1)遅刻をしたのでとがめたら、泣き出して収拾がつかなくなった
(2)挨拶しろと言ったら「そういうことがストレスの原因になるんです」と返された
(3)先輩に同行した客先で、居眠りをしてお客さんに叱られた
(4)朝指示された作業が午前中に終わった際、夕方に上司が帰社するまで、半日何もしないで席に座っていた。どうすべきだったか問いかけたが、「指示がなかった」と悪びれる様子もない


このままでは、私も「最近の若者は異常だ」という考え方に同調せざるを得ません。それとも、何か上手な対応方法を取れば、社会人の自覚を持ってもらえるものなのでしょうか――

臨床心理士・尾崎健一の視点
「新入社員の違和感がどこにあるのか聞いてみる」
確か私も入社当時は「これだから新人類は・・・」と言われて、「あなたたちはそんなに立派な新人だったのか!」と憤慨した記憶があります。最初は誰もが未熟で、頼りなく感じてしまうのは当然。先輩社員には、温かい目で新入社員を見守る余裕も必要です。

ただ、最近の新入社員は新しい環境の中で育ってきたことも確かです。豊かな社会に生まれた彼らとの世代の違いを考慮せずに対応すれば、大きな摩擦が生まれることでしょう。彼らの心理を考えると、入社前後には次のような準備をさせておくとよいと思います。

・内定後すぐに「学生生活」と「社会人生活」の違いを分かりやすく教える。
・会社で起こりうる困難な状況を盛り込んだ「ケーススタディ」をもとに、新入社員に対応策を議論させる。ストレス耐性をつけさせ、困ったときの相談窓口を学ばせる。
・仕事や会社に対する考え方を先輩がマンツーマンで教える「メンター制度」を復活させる。
・「仮配属」としていくつかの部署を経験させ、適性と本人の認識を見極める。
その上で、彼らの「違和感」を早期に聞き取り、話し合いの材料とするのも効果的です。これは余裕のある会社向けにも見えますが、問題行動や早期離職のリスクを考えると、新入社員を迎えた職場では、このようなフォローが必要となっていると思います。

社会保険労務士・野崎大輔の視点
「山本五十六の言葉を念頭においてみよう」
今回のケースのような新入社員の問題は、これからも増加すると思います。彼らを「使えない社員」として見捨てることは簡単ですが、それでは問題解決にはつながりません。新入社員の悩みの元は、その多くが職場の人間関係です。早く職場に打ち解けられるように配慮することが、上司のポイントになります。

まずは「彼らを知る」ことから始めましょう。昼食に誘って、仕事の話はせずに趣味などの話を聞いてみてはいかがでしょうか。最初のバリアを取り去ったら、定期的に「職場はどうだ?」「仕事には慣れた?」といった声かけや挨拶をして、コミュニケーションを取っていきましょう。

彼らが問題行動をした場合には、感情的になって注意しないことです。原因を聞くとともに、どこが間違っていたのかを簡潔に伝え、相手の言い分に耳を傾けます。意識の問題ではなく、何をどうすべきかという根本的なところを誤解していたのかもしれません。

連合艦隊司令長官・山本五十六の「やってみせ/言って聞かせて/させて見せ/ほめてやらねば/人は動かじ」の言葉を念頭におき、粘り強く接してみてください。

スポンサーサイト
06:52 | 世相
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。