スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 郷ひろみはかっこいい、だけど…

ここのところマスコミに、郷ひろみの露出が頻繁だ。
それも「これまでの女性遍歴を、衝撃告白」などと銘打って。

確かに53歳、あのマスク・スタイル・割れた腹筋は格好よく羨ましい。
だけど、
そう思うのはおいらたち50歳前後のおっさんやおばはんだけである。
TVの若いキャスターたちがこぞって、「若々しいですね!!」と
ひろみゴーへ驚嘆のインタビューを敢行しているけど、
その言葉のあとに「(おっさんにしては…)」という含みが感じられるのだ。

痛々しい。
ほんと痛々しいのだ、あれだけ輝いていた時代を知っているだけに。
クビの皺や血管の浮いたシミ交じりの手の甲や交替気味の額なんかに、
無理を感じるのだ。
どうせなら、
年齢相応の格好よさをオーラとして出してほしいのだ。

20歳代のキャスターなどは、若々しいひろみゴーなどより
本当に「若い水嶋ヒロ」に心底視線を注いでいるのは、
おっさんのおいらでも十二分に知っている。

そういう意味で郷ひろみから、
ひろみゴーへと変名させたダウンタウンの感性は大したものだ。
(旧いところでは、スターにしきのと命名した、とんねるずも)
つまり色物タレントとしての引導線を施してやったのだ。
当のひろみゴーはそのことを、分かっているのかいないのか。

「男顔Groove!」のタイトルもやはり色物だ。
酸欠になるようなダンスも、
客観的にみるとトシちゃんのステップと何ら変わらぬ痛々しさ。

やっぱり若い頃、格好よかったヤツは老けるとダメね。
若作りをして痛々しいか、小汚いじじいになるかどっちだもの。
老けても格好いい、郷ひろみになってほしいもんだ。

水嶋ヒロも50歳近くになるとどうなっていることやら。


ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
10:33 | CM・芸能
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。