スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 実践で通用するか、江川の野球理論。

ぜひこの目で確かめてみたいなあ。
そして早く早稲田大院を卒業して、桑田眞澄も監督やっとくれ!



【江川氏がロッテ監督へ…ボビー後任に超大物急浮上】
6月5日スポーツ報知

 ロッテの来季監督有力候補として、元巨人の江川卓氏(54)=野球解説者=が急浮上したことが4日、分かった。ボビー・バレンタイン監督(59)の今季限りでの退団が決定。すでに後任人事に着手し、江川氏をリストアップ。球団首脳はカリスマ性と卓越した野球理論を高く評価している。球団生え抜きの西村徳文ヘッドコーチ(49)の内部昇格案もあり、今後は2人を軸として、本格的な絞り込みに入る見込みだ。

 ボビーの後任には、超大物の名前が挙がっていた。球団フロントは水面下で球団OBや元メジャー経験者ら、幅広く人選を進めてきたが、複数の関係者の話を総合すると、ここへ来て「昭和の怪物」と評される江川氏が急浮上した模様だ。

 クローズアップされた最大の理由は、そのカリスマ性とみられる。球団は昨年末に早々と今季限りでのボビー退団を決めたが、一方では来季以降の営業面における「ボビー・ショック」を危惧(きぐ)していた。「赤字を抱えている球団で、約8億円以上かかるボビー体制を維持するのは難しい。ただ、ボビーの営業面での貢献は大きかった」と球団関係者。能力面だけでなく、人気面でもボビーに勝るとも劣らない人材を熱望する声が上がっていた。

 現役時代、巨人で135勝を挙げた江川氏は、右肩の故障で87年に引退した。その後は、日本テレビの野球解説者に就任。現在は「SUPERうるぐす」のメーンキャスターを担当している。現場復帰で名前をとりざたされることは何度かあったが、これまでユニホームに袖を通したことはない。今年2月にはヤクルト、楽天の臨時コーチとしてキャンプに招聘(しょうへい)され、引退後に初めて公の場でプロ選手を本格指導し、好評だった。指導者としての実力は未知数だが、卓越した野球理論は、そのユニークさも手伝って、支持を集めている。

 後任人事については、4月上旬に瀬戸山球団社長が「内部昇格の案も検討している。候補の1人ではある」とロッテ一筋28年の西村ヘッドが候補であることを明言。現在のチーム状況を最も把握している西村ヘッドの昇格は、人件費を抑え、年間約30億円近い赤字を軽減するという意味でも、現実的な路線といえる。しかし、6年続いたボビー政権からの脱却を図り、熱狂的なファンの支持を得るためには、外部招聘という選択肢も十分に残されている。

 江川氏と千葉には縁もある。05年5月、同氏が18年ぶりにユニホームに袖を通し、臨時投手コーチとして指導したのは、同じ千葉県内の社会人クラブチーム「サウザンリーフ市原」だった。ヤクルト・キャンプを訪れた際も本人は復帰には否定的だったが、待望論は根強い。後任は2人を軸として夏場までには絞り込まれる見込みだ。「昭和の怪物」が、22年間の沈黙を破り、ついにユニホームを着るのか。急展開を見せたロッテの監督問題に、全国の視線が注がれることになりそうだ。


ぽちっと、よろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
14:36 | スポーツ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。