スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 中古ビジネスが活況というが…

これは単にリサイクル店の在庫が過剰になっている、
ということだと思う。ちゃんと利益が出ているのか?


【オフィス家具「中古で十分」 大企業も物色、事務所撤退・縮小で活況】
日経ビジネス

 通常なら約15万円の米ハーマンミラー製高級オフィスチェア「アーロンチェア」が約7万円。人間工学に基づいて設計された米スチールケースの「リープチェア」は約16万円が約3万円。歴代総理も座るスイスのヴィトラの高級いす「イマーゴ」は机とのセットで約100万円が30万円強…。

 これらはすべて、中古オフィス家具販売大手のオフィスバスターズが販売している商品ラインアップの一部である。

高級オフィス家具が半値以下

 いずれの高級オフィス家具も、つい1年ほど前まで、大手町や丸の内といった大都市のオフィスビルに置かれていたものだ。外資系金融機関の荘厳な雰囲気を演出する代物として、あるいは新興不動産会社の成功の象徴として、都心の高級オフィスで見かけることが少なくなかった。

ずらりと並ぶ中古の高級オフィスチェア。「売約済」の札も目立つ(オフィスバスターズ錦糸町店)(写真:的野 弘路)
 それから1年。金融危機が世界を襲い、情景は様変わりした。都心オフィスから外資系企業や不動産会社が次々と撤退。東京都千代田区に拠点を構えるドイツ証券の日本法人がオフィスを縮小したほか、フランスの証券会社の日本支店が東京都港区のオフィスビル「虎ノ門タワーズ」を引き払うなど、今年に入ってからも外資系企業のリストラが続いている。そして、次々と処分される高級オフィス家具の受け皿となっているのが、オフィスバスターズのような中古オフィス家具販売会社なのである。

 「都心から郊外へオフィスを移転するから、いすや机を処分したい」「契約中のオフィスを数フロア分返上したため、不要になったオフィス家具を引き取ってほしい」…。オフィスバスターズのマーケティンググループ長を務める大川伸也氏の元には、今も企業の総務担当者からの電話が引きも切らない。

「中小企業だけでなく、大企業からも売却の打診が来るようになったのが最近の特徴」と、大川氏は説明する。

オフィスバスターズの在庫は今年に入って急増している。高級家具に通常のオフィス家具を合わせると、扱う商品数は1000を突破。昨年、2度の倉庫拡張を実施し、現在倉庫面積は2000坪余りに達しているが、それでも不足する可能性があるという。
さらに値切る大企業も

 捨てる神あれば拾う神あり。一方で、こうした中古オフィス家具を購入する企業も、大企業が目立ってきたと、別の中古オフィス家具販売会社の担当者が証言する。

 「新たに本社ビルを建てた場合でも、内部のオフィス家具には極力コストを削減したいという経営者は多い。役員室は新品でも、社員には中古品で十分というケースが増えている」と、担当者は言う。中には、半額以下のオフィス家具のさらなる値引きを要求してくる大企業の総務部門もあるという。

 オフィス仲介大手の三鬼商事によれば、今年5月末の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィスビル空室率は6.96%と、前月比で0.17ポイント上がった。空室率の上昇は16カ月続いている。

 政府は、「景気底打ち」の判断を下したが、景気に対して遅行性のあるオフィス空室率は、当面は高水準で推移しそうだ。一部では中古オフィス家具販売業者が急増し、市場は飽和しているとの指摘もあるが、企業のオフィス関連費用のリストラが一段落するまで、中古オフィス家具市場の活況はしばらく続きそうだ。
スポンサーサイト
06:46 | スポーツ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。