スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 もうカテゴライズするのは、やめよう!

自分がお洒落だと思ったら、オシャレ。
お金をかけるもよし、流行を追いかけてるだけでもよし、
裏をかいてダサダサでもよし、何でもありなんだよ。

ただし自分内でだけ思っとけ、ハジかくから。



メンズノンノ

お金をかけさえすればイケてる着こなしができると思っているとしたら、大間違い!本誌が世界四都市(東京・大阪・ニューヨーク・ロンドン)でオシャレな男性たちに直撃・写真を撮らせてもらったところ、彼らの中には驚くほどリーズナブルな服を着ている人が多かったのだ。

 たとえば大阪で出会った20歳の学生。チャーミングなロゴTシャツに、ショーツは茶色のものを合わせた。「山吹色」「茶色」「赤い靴下」「山吹色スニーカー」というこの流れはかなりオシャレ。いや、男のオレでもホレボレするけど、「ホッピーTシャツ」はユニクロ製でお値段なんと900円。

 ロンドンで出会った22歳の学生は、青いシャツと細身のジーンズでキメ、肩からはバッグをかけて颯爽と登場。値段を聞いてみると「シャツは古着で2220円。ジーンズはH&Mのもので2920円。バッグは彼女のものだよ」とのこと。

 驚いたのが、ロンドンのスティング似のアパレル関係男性(30歳)。グレーのジャケットに蝶ネクタイ、チェックのYシャツにショーツ、左右のヒモの色が異なるスニーカーに巨大な革のバッグ。これはさすがに高いだろうと思ったら「ジャケットは古着で1036円。スニーカーも古着で740円。バッグも古着で740円。シャツは父親のものだよ!」とのこと。

 今回多くの着こなし達人と出会ったが、結論としては「カネかけずとも、オシャレはできる」、「古着を有効活用せよ!」、「ブランド物でも安い掘り出しものは存在する」ことが挙げられるだろう。
スポンサーサイト
17:09 | アート&ファッション
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。