スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 1980年代への郷愁。

市原○人、作詞をナメるな。
「言葉って、巧みに操れば感動を伝えられるものです」
なんて偉そうなこと抜かして、あの程度の「LIFE」かい。
なんて薄っぺらなコトバハコビだ。

と思って怪訝な目で
「ぼくらと駐在さんの700日戦争」をみていたら、
コミカルな役回りを結構リズミカルにこなしていた。
おまけに、意外に小さいことにも好感。
おいらがチビなんでね。

きっと50前、
いや47歳のおっさんたちにはドンズバの郷愁映画だろう。
駐在さん役の佐々木蔵之助もそれぐらいかな。

ジュディ・オングの「魅せられて」や桑江知子「私のハートはストップモーション」や
ヤマハのパッソルやインベーダーゲーム機など、
その小道具は、おおーっ懐かしい。

スポンサーサイト
09:25 | CM・芸能
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。