スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 紅音ほたるが引退していた。

今さらながら知ってしまった。
ショック!!


2008年9月3日 紅音ほたるブログより
みんなプレイボーイ読んでくれた?

記事のとおり、私紅音ほたるは、10月19日にクロスさんから発売される引退作品を最後に、11月2日に開催する引退記念イベント「ほたる☆フェスティバル」をもってAV女優を引退することにいたしました。

私は小さいころから、性にはすごく興味がありました。

16歳のころ、倉本まいさんのAVを見て、SEXとAVの違いは「AVは夢をあたえるもん」と感じました。

それからずっと憧れがあって、18歳のころにスカウトの人に勧められたときは神様がくれたチャンスと思いました。

Av業界に入ったとき、やるからには一番になる!!と心に誓いました。

結果、1番になれたかはわかりませんがみなさんに知ってもらえる女優の一人にはなれたかなって思っています。

そんな中、去年の初めくらいからある葛藤に悩まされるようになりました。

「センチュリーSEX」という100歳のおばあちゃんが主演しているAVを見て感動したことがあり、私も需要がある限りAV女優を続け、死ぬときは現場でと思う反面、いつまで続けられるかわからないという不安から紅音ほたるの名前を捨てて、一人の人間として普通の仕事をしていこうか。

そんな感じで悩んでる中、ある人から「自分は女の子に結構人気あるけど、サイン会やブログは女の子が参加しづらいから、女の子が参加しやすいスペースをつくってみたら?」と言われたのをきっかけに、女の子限定でMIXIをはじめてみたり、クラブイベントなどに積極的に参加してみました。

そこでたくさんの女の子たちと接することができました。

たくさんの女の子たちと接していくうちに、日本の女の子は性に対して消極的な子が多くて、それが原因で辛い思いや悲しい思いをしている子がたくさんいるんだなって感じました。

また去年参加した早稲田大学のエイズのイベントで多くの若い子たちがAVを性の教科書にしているっていうことを知りました。

私はAVはあくまでエンターテイメントであると思っています。

だからそれは非日常的な内容も多いです。

それを当たり前のこと、性のスタンダードとしたらSEXをつらいものと感じる子も多いだろうし、性病やHIV・妊娠の危険も増えてしまう。

でも日本って、親も学校も積極的に性教育をしないですよね。

性をマイナスのものとしてとらえすぎ。

性はほとんどすべての人にとってあたりまえの日常のことなんだからもっとオープンにしていくべきだと思うんです。

ただ、今の日本でそれを堂々としっかりと言うことができる人ってあまりいてない。

だったら私がやってやるって。。

紅音ほたるだからできる、説得力のある性教育があるはずだって。

でもそれを実現するには、今の現役AV女優の肩書きではやりづらいことも多くなるやろうし、またもともと看護学校に通っていたから性に関する知識は結構自信あるけど、人前で語っていくんやからしっかりと勉強もしなおしたい。

Av女優であることよりも、普通の人生に戻ることよりも、やりたいこと・目標ができました。

せやから、AVを引退することを決意しました。

これからもブログもMIXIも続けていくし、イベントやメディアにも積極的に出て行きますが、AV女優としては先ほどのとおり、11月2日の引退イベントが最後になります。

Av女優としては残り2ヶ月になりますが、これからはいち紅音ほたるとして応援してくれたらうれ潮です♪

それと11月2日はぜひみんなに紅のAV女優としての最後の勇姿を見ていただけたらさらにうれ潮です♪♪

ってかさすがに潮は吹けませんがきっと涙は止まらないです…
スポンサーサイト
14:10 | 女性大好き
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://norimatsu123.blog114.fc2.com/tb.php/11-05130b9b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。