スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 史上最大のヘビ化石=全長13メートル

おいらが西表島のおじいに聞いた話では、
もう70年ほど前に小学校の校庭で
10mはあるハブを見かけたって言ってたぞ。
ほんとだったら、こりゃ大変なことだぞ。
(もちおじいの話がオーバーだってコトは知ってますよ)


【史上最大のヘビ化石=全長13メートル、餌はワニ-6000万年前、南米で発見】
2月5日時事通信

南米コロンビア北東部の6000万~5800万年前の地層から、史上最大のヘビの化石を発見し、新属新種に分類したと、カナダ・トロント大や米フロリダ大などの研究チームが5日付の英科学誌ネイチャーに発表した。全長13メートル、体重1135キロと推定され、現在南米に生息するオオアナコンダやアフリカのナタールニシキヘビを大幅に上回る。
 化石は地名などから「ティタノボア(属)ケレジョネンシス(種)」と名付けられた。餌にしていたとみられるワニやカメのほか、植物の化石が一緒に見つかっており、熱帯雨林の水辺に生息していたとみられる。 

スポンサーサイト
15:28 | なんでも
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://norimatsu123.blog114.fc2.com/tb.php/13-29ea8f4d
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。