スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 なぜだかこの頃、生姜らしい。

【生ショウガ使用のジンジャーエールを開発】
8月22日読売新聞

 「ショウガが香るジンジャーエールでカクテルを作りたい」――。プロのバーテンダーの願いを受け、日本では珍しい生のショウガを使ったジンジャーエールを佐賀県小城市の「友桝(ともます)飲料」が開発した。

 バーテンダーの勉強会などで紹介されて反響を呼び、6月には農林水産省主催の選考会で「世界が認める輸出有望加工食品40選」に九州で唯一選ばれた。友田諭社長(34)は「小さな会社だからこそ、こだわって商品にできた」と話す。

 福岡市の老舗バー「サンボア」を経営していた著名なバーテンダー管(すが)博史さん(51)は昨年1月、知人を通じて友田社長に「生のショウガを使ったジンジャーエールでモスコミュールを作りたい」と持ちかけた。モスコミュールは、銅のマグカップに入れたウオツカとライムを、生のショウガを発酵させて醸造した飲み物「ジンジャービア」で割ったカクテルだ。しかし日本では、ショウガを使わずに香料で味付けしたジンジャーエールを使うのが一般的。

 友田社長らはジンジャービアに近いジンジャーエールを作ろうと目指した。生のショウガと数種類の香辛料、砂糖などを煮出した原液を作り、管さんの弟子で、バーテンダーの全国大会で優勝したこともある岩永大志さん(40)(福岡市)が何度も工場に通い、微妙な酸味や甘さを監修。約半年かけて昨年5月末、プロが納得する味にたどり着いた。

 商品名は「n.e.o(ネオ)プレミアムジンジャー・エール」(95ミリ・リットル、157円)。ショウガの成分が沈殿し、特有の強い香りと辛みがあるが、それでいて全体的には甘く、酸味が少ない。モスコミュールを作る際に、「最後に搾るライムの量にバーテンダーの独自性を出すためです」と同社。

 「大手メーカーは作らないが、必ず需要がある」との友田社長の直感は当たり、東京や大阪からの注文も相次いだ。製造本数は今や、発売当初の6倍の月3万本を突破した。ライムの果汁を加えてそのまま飲むのも人気という。

 管さんの店を引き継いだ岩永さんは「ネオで作ったモスコミュールを飲んで、これまでにない味に驚くお客さんとカウンターの会話を弾ませたい」と願っている。(遠藤信葉)
スポンサーサイト
13:07 | くいもの
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://norimatsu123.blog114.fc2.com/tb.php/263-4d0c2d5f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。