スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 オレは更年期障害だあっ!

梅サワーたった2杯で、二日酔いです、どうも。

身体の偏重が著しい、50歳前です。
下記のヘルスチェックをやったら、100%正解(?!)です。
もろ更年期障害です。
確かに認めざるを得ません。
ただね、昔は花粉症もうつもこんなに騒いでなかったのよ。
(と有体の枕言葉を敷いておいて…)
それによっ掛かることで、丸く収めているヒトも多いのが現状。
おいらは断固そんな風潮に迎合しねーよ。
だから、おいらにはどんどん「がんばれー」「だらしがねえなあ」の
タブー禁句を投げかけてください。
それで逝っちまったら、それがおいらの限界だ。
この波を凌いでもそれが思いやられるのは目にみえてんだ。
気合いを入れてやれっ、おいら。



【男性更年期障害 ストレス社会…大丈夫!?】
2月25日産経新聞

■関心高まるも、まだ低い認知度

 経済不安が深刻化する中、サラリーマンの中高年男性を中心に、男性更年期障害への関心が高まってきた。女性とは違い、閉経のない男性にとっては見過ごしがちな問題。ただ、その存在はまだよく知られていない。ストレス過多の時代に、男性はどう向き合えばいいのか。(谷内誠)

 ◆ホルモンバランス崩れ

 男性更年期障害の主な原因は、ホルモンバランスが崩れたり、ストレスが増大したりするためとされる。症状は、精神的には鬱(うつ)状態が進んだり、身体的には疲労や不眠、肩こり、さらにはほてりやのぼせ、発汗といった症状が出たりすることもある。

 中部地方に住むRieさん=ハンドルネーム=(38)は、数年前から更年期障害に悩む夫(52)の治療の様子を、ブログ「男性更年期障害を知ろう!」(pblog.denmame.net)で平成18年10月から記録している。

 「一般の認知度が低く、治療にあたる医師の中には、存在を否定する人までいる。妻も、不調を訴える夫に『だらしがない』『やる気がない』と思っている人が多い。私のように、夫を支える人間がいるということを知ってほしい」

 Rieさんは、地元に納得できる医師が見つからず、夫とともに県外の病院に定期的に通う。「サプリメントや精神科の治療なども試してきたが、今は男性ホルモンの投与が中心。ただ、投与し過ぎると前立腺がんの心配も出てくる。症状とうまく付き合っていく本人を支えたい」と話す。

 ◆やる気の減退

 「英国の研究で、男性ホルモン(数値)の高い証券マンが、低い人より利益率を上げているとの報告があります」。こう話すのは城西クリニック(東京都新宿区)にある日本臨床男性医学研究所の熊本悦明所長(札幌医科大学名誉教授)。

 熊本所長は「男性は女性に比べストレスに弱く、その影響を男性ホルモンが受けやすい。金融不安でストレスを受けやすい状況ではなおさら」と警鐘を鳴らす。

 男性ホルモンの分泌が抑制されると、仕事などのやる気が衰え、不眠、性欲の減退やED(勃起(ぼっき)障害)にもつながる。熊本所長は治療の大切さを訴え、「性交の有無に関係なく、男性更年期障害の治療で自信を取り戻し、『会議で大きな声が出せるようになった』といった人は多い」と説明する。

 しかし、熊本所長は「ホルモンの数値を計ったり、睾丸(こうがん)の大きさを測るなどして、しっかりと症状を聞かないといけないのに、簡単な問診でED治療薬を処方する医師がいるのは問題」と一部の医師側の姿勢に疑問も投げかける。

 ◆サプリメントも

 男性機能の衰えを補うサプリメントもある。東京・JR神田駅前にあるドラッグストア「昭和薬品」の中野友幸仕入部長は「生理的効果があり、副作用など被害報告がないということで、特に100%植物由来の商品の売上額が伸びている」という。

 「例えば『2H&2D』(丸栄バイオファーマ)は『飲むことで即効性がある』としてよく売れている。このほか、同じ植物系の『パワフルロングジャック』(ピルボックス)や、動物・植物系の『凄十(すごじゅう)』(宝仙堂)も人気が高い」。このうち、「2H&2D」の発売元では「ED治療薬に見られる心拍数への影響もない」と説明している。

 中野部長は「強壮効果をうたうものの中には、薬事法で無許可販売を禁止された医薬品成分を含み、販売中止になるケースもある」と問題点も指摘したうえで、「安心できる製品の見極めを」と話している。

 ■男性更年期障害チェックリスト

(1)性欲の低下を感じる

(2)元気がなくなってきた

(3)体力、持続力の低下を感じる

(4)身長が低くなった

(5)日々の楽しみが少なくなった

(6)もの悲しい、怒りっぽい気分がある

(7)勃起力が弱くなった

(8)運動する能力の低下を感じる

(9)夕食後にうたた寝をすることがある

(10)仕事の能力が低下したと感じる

※「はい」が3つ以上、(1)(7)どちらかが「はい」だと男性更年期障害の可能性が高い。

 (伊藤直樹・NTT東日本札幌病院医師のリストを元に作成)

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
11:01 | 健康&ボディ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://norimatsu123.blog114.fc2.com/tb.php/58-e8b2988b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。