スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 辰吉、いけえっ。死ぬまでいってまえ!!

清原・桑田が引退して、その大断はかっこ良かったのだけど、
カズや辰ちゃんの執着もおいらには魅力的に映る。
この結果に腰引けせずに、辰ちゃんがんばれ!!



【辰吉、再起第2戦へ意欲=ボクシング】
2009/02/08 時事ドットコム

 元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の辰吉丈一郎(38)は8日、タイで3月8日に再起第2戦を予定していることに関して、「どんどん試合をやっていきたい」と改めて強い意欲を示した。辰吉は日本ボクシングコミッション(JBC)の規定により国内では試合が行えないが、昨年10月にタイで5年ぶりの試合を強行し、TKO勝ちした。
 一方で、辰吉が所属していた大阪帝拳ジムの吉井寛会長は、「一貫して試合はやめてほしいと言っている。試合準備のためジムに来るのも禁止している」と従来の立場を強調。JBCから辰吉の説得を要請されたこともあり、今後の対応を検討するため「来週半ばにもJBC側と話をしたい」と述べた。 


【辰吉、TKO負け=引退は否定-復帰2戦目・ボクシング】
2009/03/08 時事通信

 【バンコク8日時事】元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者、辰吉丈一郎(38)が8日、バンコクのラジャダムナン・スタジアムでノンタイトル10回戦を行い、タイのスーパーバンタム級1位、サーカイ・ジョッキージム(19)に7回TKO負けした。戦績は20勝(14KO)7敗1分け。辰吉は試合後「もう一度、一からやり直しだ。まだまだ大丈夫」などと述べ、引退の意思がないことを明らかにした。
 辰吉は日本ボクシングコミッション(JBC)のルールで「引退選手」となっているため、昨年10月の復帰戦に続き、日本のライセンスが無関係のタイで試合を行った。
 辰吉は3回に左フックを顔に受けてダウン。7回に強い左フックを浴びてふらついたところで、セコンドがタオルを投げ入れた。試合は約54キロの契約体重で行われた。 

スポンサーサイト
06:34 | スポーツ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://norimatsu123.blog114.fc2.com/tb.php/76-4b3cdde3
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。